"会社の保健室"よくあるご相談

従業員50未満なので、産業医がおりません。健康診断結果の就労判定と、ストレスチェック後の面談対応をお願いしたいのですが、対応は可能なのでしょうか。

従業員50未満なので、産業医がおりません。健康診断結果の就労判定と、ストレスチェック後の面談対応をお願いしたいのですが、対応は可能なのでしょうか。

対応は可能でございます。  従業員50名未満の事業場においても「安全配慮義務」が求められています。 労働契約法第5条では下記のように定められています。 労働者の安全への配慮 「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」 弊社では、全国展開しておりますので希望地域についてご相談ください。 また、50名未満の事業場においても、ご要望をお伺い...

ストレスチェック後のフォローをどうすればいいのか分からない。

ストレスチェック後のフォローをどうすればいいのか分からない。

高ストレス者の面談希望者は中々手を挙げない事が現状です。相談窓口は基本人事部になりますが、メンタル面の相談を人事に直接話しづらいなどの声があります。 保健師や産業医の健康相談窓口を弊社が代行することも可能です。 面談スケジュールの管理をアウトソースすることで人事に直接申し出にくいという面を改善し、面談希望者の相談しやすい環境づくりをお手伝いさせていただきます。

職場復帰に関して主治医と産業医の間で意見相違があるときは?

職場復帰に関して主治医と産業医の間で意見相違があるときは?

心の健康問題で休業した労働者に対して、主治医の判断により復職診断書が発行され、産業医が精査した上で、事業者に職場復帰に関する意見を述べることになります。 しかし、必ずしも主治医と産業医の意見がすべて一致するわけではありません。 主治医による診断は、日常生活における病状の回復程度から復職の可能性を判断していることが多く、職場復帰後職場で求められる業務遂行能力がまだ回復しているとの判断とは限らない場合があります。 職...

メンタルヘルス不調を早期に発見するためには?

メンタルヘルス不調を早期に発見するためには?

メンタルヘルス不調を早期に発見するためには、 周囲の人がその人の「いつもと違う様子」に気づくことが重要です。 その際は、勤怠状況や仕事ぶり、表情・態度などの変化に注目することが大切で、 病気かどうか判断する必要はありません。 早めに声をかけゆっくりと話を聞き、保健スタッフへの相談を促してください。 保健スタッフの方は従業員の方が抵抗なく相談できる環境を整えましょう。 事業場内への相談に抵抗を感じる人もいますので...